吸音と防音の知識と違い サイレントデザイン28万円からの組立式防音室も好評です。silent design評判の防音工事

ピアノ組立式防音室

吸音と防音の知識


音響の知識(吸音・遮音=防音)

初めに【吸音】sound absorptionと、【防音】=遮音noise insulationとを一緒の現象と思っている方が多いのですが、全く異なる現象です。音のエネルギーを熱のエネルギーに、分解・分散してしまうのが吸音と呼ばれる現象で、音の性質を分解し音を柔らかくします。

例えばピアノのキンキン響き過ぎる部屋を吸音すると、余計な響きが無くなり本来の音が蘇ります。又、室内で手をパーンと叩くと音の残響や反響が分かりますが、この音の長さをコントロールするのも、(吸音材)sound absorbing material の役目です。

それから皆さんの中には音が熱なんて発生してるの?と思う方もいると思いますが、音は実際人間には感知出来ないほどの熱を音は発生させてます。



サイレントデザイン



吸音と防音の違い

この様に音をコントロールする役目を持っているのが吸音で、不快な反響音を減らし、室内の音響の重要な役割をしています。一方防音(遮音)は単に音の大きさを抑える事だけを目的とした処置の事を言います。ですから、音楽主体のお部屋には防音よりも吸音は重要な役目を持っています。吸音は多少防音の補助的な役割をしている程度で、吸音材・吸音製品自体には防音性があまり無いと認識してください。

吸音は材料等に入って来る音のエネルギーに対して、吸音されたエネルギーとの対比で表したものを吸音率と言い、使用面積に合わせて平均化したものを平均吸音率としています。数値が高い方がより良く吸音することを表しています。吸音は周波数帯域によっても影響されます。

音を吸収する素材のことを吸音材といいます。Sound absorbing material is called acoustic material.
下記の表は吸音材の吸音率を数値化しています。

silent design
吸音材・防音材料 厚さ
mm
空気層
mm
周波数h・吸音率
250h 500h 1kh 2kh
合 板 6 45 0.33 0.16 0.07 0.07
合 板 6 90 0.20 0.10 0.07 0.07
合 板 9 90 0.15 0.08 0.07 0.07
コンクリート布張り - - 0.03 0.03 0.04 0.06
石張り・タイル張り - - 0.01 0.02 0.02 0.02
板張床(木下地) - - 0.12 0.10 0.08 0.08
石膏ボード 15 300 0.35 0.45 0.55 0.65
石膏ボード 12 0 0.20 0.40 0.70 0.80
石膏ボード 9 0 0.20 0.35 0.60 0.70
石膏ボード 9~12 45 0.13 0.08 0.06 0.06
グラスウール32k 25 - 0.32 0.65 0.82 0.80
グラスウール32~48K 50 0 0.70 0.95 0.90 0.85
ロックウール40~160k 25 - 0.35 0.75 0.85 0.85
ロックウール40~160k 50 100 0.90 0.95 0.90 0.85
コンクリート - - 0.02 0.02 0.02 0.02
パンチカーペット 3.5 - 0.04 0.08 0.12 0.22
人間と椅子(劇場モケット張り) - - 0.34 0.41 0.43 0.42
木製の椅子(音楽教室) - - 0.02 0.02 0.04 0.04
カーテン0.25~0.3㎏/㎡ ひだ付 - 200 0.25 0.60 0.70 0.75
大型ガラス・鏡・大理石・硬質アクリル板 - - 0.06 0.04 0.03 0.02
細木毛セメント板 25 0 0.10 0.24 0.64 0.69

sound absorbing material
吸音材・吸音・遮音の知識・吸音製品価格の情報提供会社 サイレントデザイン



silent design

音場の知識

一般的に室内の音の環境は、設置されている物の位置や形に影響されたり、室内の間取りや形状・材質により【音場】acoustic [sound] fieldは微妙に変化します。そしてこれらの音場の音の質【音響】acousticをコントロールするのが、【吸音】sound absorptionです。

ご家族には、歌(声楽・オペラ・ポップス)を歌いたい方も居れば、ピアノや管楽器(サックス・フルート)、弦楽器(バイオリン・チェロ)、打楽器(ドラム・シロフォン)を鳴らしたい方もいます。音の性質や特徴がこの様に色々と異なる場合は、両方の音の環境をそれぞれ満足させる事は困難です。ある程度の線を決めて妥協しなければなりません。

一般的に周波数が高く、響きの持続・増幅音が長い音源の場所や楽器には、吸音力の多いデッドな環境が適していると言われてますが、逆に歌や声楽なんかの場合は、デッドな環境ですと、響かないので、歌の微妙な表現が出来ず、無理に過度な声帯のコントロールをするため、吸音材を少なめにした、少しライブな環境が望まれます。

ホテル寝室・高級レストラン・談話室等では静かにしたいのでデッド、活気がある方がお店の営業に良いと思われる場合にはライブとか、その用途によって、音場を決定する吸音材や吸音製品での処理は貴重な役目を持っています。

防音工事の場合は部屋の形状を変化させたり、音源からの距離を有効に使うことができますが、狭い組立式防音室や防音室の場合では、音響的にかなり不利な設計となります。これは音響設計上やむ終えません。これらを少しでも改善する為に、吸音材吸音製品で反射板を設置して聴きやすい室内に近づけてます。



sound absorbing material
吸音材・吸音・遮音の知識・吸音製品価格の情報提供の会社 サイレントデザイン


silent design

吸音率と響き

上のDATAでは、硬いコンクリート・ガラスは殆ど吸音されてませんね。それだけ反響が高い素材と云う事が分かります。キンキンした響きの高い音となって聴こえる傾向にあります。逆にロックウール・グラスウール等の柔らかい吸音材・吸音製品は音響上で吸音性能が優れている事が分かります。

コンクリートの壁・天井に直に壁紙を貼ってある、お店・オフィス・マンション・住居・寝室・リビングは、非常に響きやすくて音楽にはあまり適切な環境ではありませんので、吸音材・吸音製品でのコントロールが必要です。

吸音材・吸音製品として、動物・人間・洋服・タオル・畳・布団・椅子・ソファー・カーテン・じゅうたん・マット・本棚・クローゼット・波形の天井や壁と、案外身近なものも吸音要素を持っています。

変わったところでは、卵の保護材(紙質)や発泡スチロール・波形段ボール・壁穴・ビンの穴、なんかも吸音性能があります。市販の吸音材・吸音製品としては、下記の様な吸音スポンジも音響をコントロールする吸音には有効です。

吸音率が高いと、音がよく吸われ過ぎて、室内に入ると楽器の音や自分の声がボソボソしたような響きになり味気ない音になってしまいます、特に声や歌・声楽の方の発声に負担がかかり良くありません。ですから最適な音の環境を得るには吸音の役目は大切な要素になります。下記の図は吸音率の公式です。



吸音の公式




楽器の吸音に関して

最適な吸音率としては、ピアノの場合は音域や周波数帯域が広いので0.23~0.34の間が良いとされています。

歌・声楽・声・ナレーションはできるだけ吸音率0.16~0.23と低く設定しないと、響かないお部屋や防音室だと無理に響かせようとして、発声に力が入り、歌いにくく疲れますね。多少ライブ傾向の室内環境の方が歌いやすいですね。

(管楽器)の場合は0.20~0.29。響きを抑えたい場合(パーカッション類)は0.25~0.36となり、いずれの楽器も多少デッドな環境が望まれます。

いずれにせよ、音質に合わせた吸音率の設定はDATAや計算上はできますが、音の場合は各自感じ方も違い、好みの音に適応させることは、人の感覚的な問題もあって、難しいものと実感させられます。



sound absorbing material
吸音材・吸音・遮音の知識・吸音製品価格の情報提供の会社 サイレントデザイン


防音と吸音の知識 silent design

音をコントロールする音響調整パネル(吸音材)

製品特徴(吸音材) Acoustic Mute Panel


 壁・天井の響きやすい反響や、硬いキンキンした響きの音質を吸音して、デッド(響きを少なく)するのに効果的です。特に中音域と高音域には効果的です。

 楽器・ピアノ・音楽・声楽・ボーカル・カラオケ・録音制作関係の方には最適です。歌は歌いやすくなります。楽器の余計な響きをコントロールできます。

 響きやすいお部屋や、狭い防音室・会議室・工場も落ち着いた響きとなります。

 音響調整パネルは防音を目的とした製品ではなく、吸音により音響のコントロールを目的としています。


吸音材





吸音


サイレントデザイン     吸音パネル 吸盤タイプ


Acoustic Mute Panel

吸音板

品 番 取付タイプ パネルカラー 用途・size・価 格
AMP-PO
AMP-PB
AMP-PK
ピンタイプ オフホワイト
ベージュ
ブラック
壁用  4枚一組 \22,000円(税抜)送料込み
AMP-KO
AMP-KB
AMP-KK
吸盤タイプ オフホワイト
ベージュ
ブラック
壁用   4枚一組 \25,000円(税抜)送料込み

天井用  1枚 \8,500(税抜)送料別途 
AMP-MO
AMP-MB
AMP-MK
マグネット オフホワイト
ベージュ
ブラック
壁用  4枚一組 \29,000円(税抜)送料込み

アコースティック・ボード(Acoustic Board


サ イ ズ:
1,000×2,000×5mm \15,000
(税抜)送料別途
※防音工事用の建材としてお使い下さい。

お申込みにつきまして

サイレントデザイン

お電話 070-5083-9471

会社Mail サイレントデザインメール



 製品のご注文は、在庫確認等が必要ですので、事前にメールにて、ご連絡ください。

 メールを頂き、在庫確認をしてお知らせします。

 お振込みを頂いてからの確認後、発送となります。

 吸音スポンジのお支払の 銀行はこちら

 お振込み確認後より、2日~7日でお届けしています。

 送料は別途となります。送料は着払いでお願いしています。




silent design 吸音と防音の知識

組立式防音室

防音工事不要で人気評判の防音室【組立式】

サイレントデザイン防音室【組立タイプ】

防音工事の出来ない賃貸住宅に最適
    家具の様にマンションで設置可能

簡易防音室



 防音室セール


防音室の特徴



防音室・工事・採用先

防音室採用先




防音室期間限定フェア

東京ショールーム地図

※組立式防音室を展示中

リンク集
サイレントデザイン防音室

賃貸マンションでも設置が可能なお勧め品

防音工事不要の組立式防音室

サイズも0.5帖~3帖と豊富




組立式防音室サイズ



防音工事価格よりもお求め安い費用

遮音性能も高く評判

低価格28万円より、用意してます

マンション防音工事の出来ない方に

組立式防音室



使用用途

吸音と防音の知識・レッスン・演奏練習・音楽教室・ピアノ教室・声楽教室・研究室・聴覚検査室・聴力検査室・大学設備・書斎・勉強部屋・携帯電話ボックス・宅録ルーム・騒音対策・図書室・瞑想ルーム・ボーカルブース・アナウンスブース・カラオケ室・面接室・ヤマハ楽器店・会議・ハッピーコンサルト・だんぼっち


◆防音工事が不可能な場所に最適です。

防音室リースレンタル


防音と吸音知識 SEO  サイレントデザイン口コミ・評判

サイレントデザイン防音室

サイレントデザイン防音室・防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

勉強部屋・書斎

声優レッスン室

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

吸音パネル素材

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

未来の占い

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

少年合唱団募集

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

今日の占い

マンションリフォーム

防音二重サッシ

E-SAX&防音室

ウィーンオペラ座

楽器と防音室サイズ

防音リフォーム知識

会社総合案内
ピアノ防音室

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

Angel uranai

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

不用品回収新宿区

サーバーPC防音

個人会社リンク集

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

段ボールルーム

個人情報の保全

マンション騒音対策

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

ハッピーコンサルト

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

ピアノ騒音対策

音楽ホール設計

遮音性能DATA

1帖サイズ防音室

ソウルメイト占い

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

カワイピアノ買取

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

HP閲覧のご注意


サイレントデザイン

counter


サイレントデザインは防音室・防音工事で口コミ評判の会社です。 吸音の知識