防音室性能・効果【防音性能】遮音性能計測方法/サイレントデザイン

防音室

防音室・遮音性能の計測方法

silent-design.jp





■防音室・上記図の説明

上の図や式は、35dBの遮音性能を持った防音室を使用した場合の例です。

音の大きさが100dBの大きな音の楽器(ピアノ相当の音)を、防音室の中で吹いたとします。防音室は35dBの遮音防音性能があるので、100dBの音は遮音性能-35dBなので=65dBは自分の部屋には漏れてしまいます。65dBは人の会話程度の音になります。

ピアノの音が人の話し声程度の音になります。耳で聞くと音が3割程度の音が減少した感じになりますが、30dB・35dBの防音室ですと、ドア付近では会話程度の音は聞こえます。

上の図の場合、45dBの壁の遮音性能がありますが、音は弱い箇所に流れやすいので、サッシ窓の遮音性能30dBが基準となります。それでも最終的に35dBの騒音対策になります。しかし、音は完全に音が漏れないと言う訳ではありませんので、環境と用途を十分に考えて使用する事が必要です。

防音室では防音性能の他には、振動に対する注意も必要です。ピアノのペダル音・コントラバス・チェロの振動・エレキベース・チューバ・打楽器等の振動は、防音室の性能だけではなく、振動対策も必要となります。

組立式防音室の床は、一般的に浮き床構造となっていますが、パネルの重量があるので、重さで床が抑えつけられるため、振動が伝わりやすくなります。そのため防音室自体での振動抑制には限界があります。防音室は音の減少効果はありますが、強い振動に対しては難しいので、お部屋の構造にもよりますが、お部屋の床などに対策が必要になる場合があります。

空気が存在している以上、換気扇などの微小な音により、完全な防音効果と言うのは不可能ですが、人間に聞こえない程度になる防音性能の防音室は製作可能ですが、防音性能は重さに比例するので、一般的な住居を目的とする建物には相当な重量が加わるので、設置は不可能です。重さに耐えられる建物に限られます。

50dBの遮音性能の防音室2帖ですと、計算上1000kg以上の重さになります。一般的な建物に防音室を置くには35dB程度の重さが限界と思います。

防音室の遮音性能だけでなく、オプション取り付け〔穴あけ・ガラス等〕・部屋の構造・楽器の音の大小・建物の遮音性能・隣りの建物との距離・回りの音の環境等との関係で遮音性能や、耳への感じ方は微妙に変化して行きます。
(音圧dB・距離・透過損失・暗騒音その他・・)


防音室の性能・効果測定



音源〔楽器〕は防音室の中心に位置させて、防音室の外より、1m以上離れた点線の所で遮音性能の計測します。計測は、防音室内の音圧を85dB程度の音圧で発生させ、防音室の外で計測します。生のギターですと90dB程度の音圧なので分かりやすくなります。

防音室内に空気が存在している以上、防音室の中の音はゼロではありません。人の吐息や、空気の流通してる防音室・機械・電気・換気扇のある防音室は30~40dBの音が常時室内に存在します。クーラーを作動させますと防音室内では55dBの音が存在します。カラオケボックスの室内ですと、音を出さなくても、空調の音で常時55dB程度の音が存在しています。 音の大きさデーター

防音室内の40dB~55dB程度の音ですと、静かで気にならない程度ですの音の範囲です。楽器の音は、平均80dB以上ありますので、室内の40dB程度の音ですと、ほとんどの楽器の音圧内になりますので、防音室外部への楽器などの大きな音の防音に最適で、低すぎる音圧を下げる物ではありません。

防音室で遮音性能の弱い箇所は、オプションの穴あけ部分〔クーラー・配線・ダクト用〕、ガラスの付いたドア開口部、換気扇の順番です。防音室の遮音性能は総合性能で部分性能ではありません。そのため、弱い箇所への音源を近づけたりを避けて、発生場所を選択する事も必要です。この場合は換気扇の付いてるパネルに背を向けて、右側に音を発生するのが良いかもしれません。吸音材は右のパネルの内側に設置することがベストになります。


遮音性能は、当社独自の周波数帯域と計算実験及び計測値です。必ずショールームで音を発生させて遮音性能をお確かめ下さい。
遮音性能は設置環境・計測方法・オプション・その他の要因で、計測値が異なりますのでご了承ください。

■デシベルdB〔音の大きさ〕の説明

空気中の気圧の変化で起こる音のPOWERの単位を総称して【デシベル】decibel 単位通称【dB】として表しています。dBは非常に小さな雪の降る音から、その1000億倍にも成る雷音まで、表示的に10桁にも成ってしまいます。これを音のエネルギーに換算する時に大変なので、この不便さを無くす為にデシベルと言う計算単位を持って表す事になりましたので、音のパワー計算が容易になりました。そもそもdBのdはデシリットル(deciliter・ベル単位)、Bはグラハム(Graham)・ベル(Bell)電話の発明者)の名前からの由来で、元々は電話の送信関係の単位でしたが、現在では、音のPOWER LEVELとして使用されています。

音を細部に分けた場合・・音源を基に発生する単位では、1秒間に出すエネルギーをワット・W。1㎡のエネルギーをW/㎡。単位音速当たりをW・s/m3。音による気圧変化をパスカルPaとして区分してます。これらの総合した総称の音響パワーレベルのdB・デシベルは、単位としては国際基準となっていますので、遮音性能を知る単位では一番安心出来るのではないでしょうか。これらの音のレベルをSOUND PRESSURE LEVEL(SPL)と呼ぶ場合もあります。遮音計測器

空気粗密の振幅が大きいと、それだけ大きな音で聴こえます。各メーカーではdBデシベルを防音性能の基準として用いてますが、dBデシベルと同じ様な単位で、遮音性能基準(standards on sound insulation)では、D値があります。これは日本工業規格JIS において決められた遮音表示です。D値=D等級(difference of sound level)その他Dr等級としているところもありますが、厳密にはdB表示とは異なります。いずれにせよこれらのdB・D値の数字が大きいほど防音の性能が高いことを意味しています。下の図ですが、100dBの楽器の音源の音のパワーが、防音性能(透過損失値)60dBの壁によって遮音され、40dBに減音されて耳に達していることを表しています。

メーカーの防音室の遮音性能dBに関しては、次の様に解釈すると分り易いと思います・・
特定の周波数帯域で、楽器等の音の大きさdB(音圧)が100dBある場合に、遮音性能30dB又はD-30の防音室を使用すると、防音室の壁による透過損失値が30dBですので、音圧が70dBまでに低減出来る・・って、単純に思った方が理解しやすいと思います。〔厳密には違いますが、説明すると分かりにくいので・・〕

デシベルは遮音計測器で計ります。人間の耳で聞いた音の感覚的な大きさと、物理的な計測値との音の相互関係を表すことはかなり高度で難しくなります。人間は大きな音に対しては、圧縮して聴くように耳の補正能力があります。また人間の受音には固有な特性と限界があるのと、個々によって聴感覚的にも心理的にも影響され、音の判断力にも個人差もありますし、同じ音の大きさ(音圧)でも周波数によっても違う大きさに聴こえてしまいます。

耳は10dB大きくなると二倍に、20dB大きくなると四倍の大きさに聴こえる性質があります。この様な人間の聴覚感覚に近づけた、騒音の基礎的評価方法で用いるラウドネス・loudness(補正する音の大きさ曲線)を利用した計測でA特性があります。このA特性は人間が最も受音しにくい低周波を、計測特性でも受け入れにくく設定して補正しています。この様な点で一般的な遮音の現場調査では聴感覚に近い方のA特性を用いてます。この他に物理的に各周波数帯域で均等な感度で計れるC特性は周波数を計測したい場合に用いますが、騒音や防音の評価方法においては、人間の受音に近く補正しているA特性が適しています。

最近流行の騒音計アプリをダウンロードして実際に使用してみました。会社の騒音計【A特性】と、スマホの騒音計アプリの音を音楽や楽器でデシベルの比較をしてみたところ、ある音の対象物で、同時に計測したところスマホ騒音計アプリが、50dBを表示したのに比べ、会社の騒音計が、60dBを表示実に10dBの差がありました。会社の騒音計との音の数値がだいぶ異なりました。最近では遮音性能を騒音計アプリ等で測る人が増えてきましたが、この様な実験の結果も現実にありますので、あくまで参考程度に考えられたら良いのかと思いました。遮音性能は、自分の耳で聞いた音を重視する事が大事ですね。騒音計等はあくまで補足として参考程度には良いと思いました。

silent design

会社Mail サイレントデザインメール

防音室性能と効果/遮音性能の計測方法

組立式防音室

防音工事不要で人気評判の防音室【組立式】

サイレントデザイン防音室【組立タイプ】

防音工事の出来ない賃貸住宅に最適
    家具の様にマンションで設置可能

簡易防音室



 防音室セール


防音室の特徴



防音室・工事・採用先

防音室採用先




防音室期間限定フェア

東京ショールーム地図


リンク集
サイレントデザイン防音室

賃貸マンションでも設置が可能なお勧め品

防音工事不要の組立式防音室

サイズも0.5帖~3帖と豊富




組立式防音室サイズ



防音工事価格よりもお求め安い費用

遮音性能も高く評判

低価格28万円より、用意してます

マンション防音工事の出来ない方に

組立式防音室



使用用途

防音室・防音工事の遮音性能効果の計測方法・カワイピアノ教室・声楽教室・研究室・聴覚検査室・聴力検査室・大学設備・書斎・勉強部屋・携帯電話ボックス・宅録ルーム・騒音対策・図書室・瞑想ルーム・ヤマハ・ハッピーコンサルト・ダンボッチ・ボーカルブース・アナウンスブース・カラオケ室・面接室・会議・面談・防音室・オフィス・店舗


◆防音工事が不可能な場所に最適です。

防音室リースレンタル


防音室性能効果/遮音性能計測方法で口コミ評判の会社サイレントデザイン

サイレントデザイン防音室・防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

勉強部屋・書斎

研究設備採用例

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

ピアノ買取ニュース

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

二重防音サッシ

業務提携会社

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

防音室の組立と分解

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

透過損失知識

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

提携業務情報

マンションリフォーム

ウィーンオペラ座

E-SAX&防音室

室内の安心レベル音

楽器と防音室サイズ

ピアノ騒音対策

大学研究設備

2帖タイプ情報

会社総合案内
ピアノ防音工事

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

ベル中古防音室

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

不用品回収ニュース

サーバーPC防音

サウンドコレクション

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

サックス防音対策

ボイストレーニング

組立式防音室0.8帖

個人情報の保全

契約保証の法的解釈

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

dB・音の単位

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

近隣の騒音対策

音楽ホール設計

防音室の契約案内

1帖サイズ防音室

防音室ニュース

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

冷風扇の知識コラム

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

1.2帖サイズ防音室

happyconsult

HP閲覧のご注意


サイレントデザイン

counter


防音室性能効果/遮音性能計測方法で口コミ評判の会社サイレントデザイン