ピアノ知識の情報を掲載しています。 サイレントデザイン評判の音楽知識

サイレントデザイン

ピアノ知識【楽器編】

ピアノと言う楽器の特性
ピアノ防音工事・防音室
ピアノは天然樹木の材料を主体としているために、生き物と同じで湿度・温度の影響を微妙に受ける鍵盤楽器です。

ピアノは室内の環境【湿度・温度・空調】によりタッチ(打弦感触)、音色・響きに変化が起きやすく、ピアノの設置場所としては、出来るだけ調理場・浴室・洗面所からの湿度・温度の影響を受けない所に設置しましょう。室内の温度16℃~20℃・湿度50~60%が理想的です。

設置場所としては、お部屋の温度・湿度の変化の少ない環境が適しています。又、直射日光が当たらない所で、壁や窓・サッシから離して余裕を持って置きたいものです。

素材が木材の鍵盤楽器は湿度温度に敏感に影響されるため、冬場は暖房機を近くに置いたり、楽器に直接向けないこと。部屋は徐々に適温にして行く様にして、急な温度・湿度変化をさせない様に心がけましょう。

音が自然に聴こえる様なお部屋の形としては、正方形の部屋は響きやすいので、長方形の部屋に置きたいものです。又、お部屋には適当に段差をつけたり家具を置いたりして部屋に変化を付けると、それだけでも音響特性が変化します。

ピアノの音を減音させる事はピアノ騒音対策の基本ですが、ただ単に止めるのではなくて、楽器に合わせた響きの処理(吸音残響処理)がピアノ防音工事のポイントになります。

お部屋の不快な共鳴現象(残響・反響)を吸音処理によって、デッド(響きの少ない)・ライブ(響きの多い)の効果的な音場環境を創造する事が大切です。

特にマンションは硬い素材のコンクリートが壁の外側に存在するので、音が響く原因となります。逆に木造の場合は畳のお部屋等が多いと響きは低減します。

ピアノ背面方向や、後ろの壁に吸音材を貼る様な簡易的な製品での処理の場合、楽器本来の音が変わり、自然な音響感覚を得るのが難しくなる場合も多いので注意が必要です。キンキン響き過ぎる部屋を吸音すると、余計な響きが無くなり本来の音が蘇ります。

お部屋で手をパーンと叩くと音の残響や反響が分かりますが、この音の響きの長さをコントロールするのも、吸音の役目です。ピアノ騒音対策の:計画での最も主体となる箇所です。

【防音】遮音noise insulationと、【吸音】sound absorptionは、全く異なる現象です。音をコントロールする役目を持っているのが吸音で、不快な反響音を減らし、お部屋の音響の重要な役割をしています。
アマチュアとプロの方では、打弦力(鍵盤圧力)によるピアノ音圧にかなりの差がありますので、騒音対策の設計ポイントが異なります。

ピアノの音圧は90~110dBですが、プロの方のお部屋ですと遮音性能は既存の遮音性能とのトータルで60dB程度は必要になります。

ピアノ防音工事や防音室を考える場合のお部屋の構造は、その音の圧力に耐えられ音を通さない様に、重くて厚い素材を基本とし、その中に粘性・空気層を用います。又、ピアノ音のキンキンした不快残響を取り除く、表面吸音処理も必要です。

部屋の階上にピアノを置く場合の騒音対策では、ペダルのコツコツした音が床の固体を通じて階下に響く事が多いので、固体伝播音がしない、天井・床の処理が必要です。
防音工事

お部屋の床の基礎が頑丈な所で、天井と床の間には空気層を取ったり、振動の伝わらない、吊り式天井にしたり、浮き床構造にした上で厚い板を取り付け、その上に厚手の絨毯を敷きピアノの脚には振動を伝えにくいキャスターを入れて対策をします。

楽器を設置するお部屋の間取りにも注意が必要です。お隣りが寝室やリビング・仕事場だったりすると苦情の原因になります。

設置してるお部屋が隣接しない様にしましょう。又、遮音性能が無い一般的な窓・サッシや換気口のそばに置くと、そこから音が外に逃げて行きますので、苦情の原因になりますので、二重サッシや、防音ガラスにしましょう。

◆ピアノ知識 silent design



お部屋の響きの調整・吸音率について

吸音の数値が高い方がより良く、音を吸音することを表しています。ピアノ・楽器等の吸音は周波数帯域によっても影響されます。お部屋の最適な吸音率としては、音域や周波数帯域が広いので吸音率は、0.23~0.34の間が良いとされています。しかし、個人の好みの音の響きの違いがありますので、一概には言えませんが、大体の目安となります。

ピアノ防音工事・防音室

音があまり響かないお部屋ですと、楽器の持っている本来の煌びやかさがなくなり、逆に響きすぎると、室内に音が暴れて乱雑になりまとまりがなくなります。

お部屋の設計段階で、楽器本来の音に近づけるかが吸音計画のポイントになります

ピアノと違い、歌・声楽・声・ナレーション等はできるだけ吸音率0.16~0.23と低く設定しないと、響かないお部屋ですと無理に響かせようとして、発声に力が入り、歌いにくく疲れますね。多少ライブ傾向の室内環境の方が歌いやすいですね。

管楽器の場合は0.20~0.29程度で、もう少し響きを抑えたい場合(パーカッション類)は0.25~0.36となり、これらの楽器は多少デッドな環境が望まれます。

いずれにせよ、楽器の音質に合わせた吸音率の設定はDATAや計算上はできますが、音の場合は各自感じ方も違い、好みの音に適応させることは、人の感覚的な問題もあって音の判断上で難しいものと実感させられます。音の好みは個性と同等で音響設計上で、難しい一面となります。

吸音率が高いと、音がよく吸われ過ぎて、室内に入るとピアノや楽器、自分の声がボソボソしたような響きになり味気ない音になってしまいます、響きの無い部屋にいますと、人間の精神的・肉体的に落ち着かない環境となってしまいます。綿密な吸音計画が必要です。

吸音率が高いと特に声や歌・声楽の方の発声に負担がかかり良くありません。ですから最適なお部屋の音の環境を得るには、吸音の知識役目は大切な要素になります。下記の図は吸音率の公式です。

吸音と防音


◆ピアノ知識 silent design


サイレントデザイン

〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-21-18 第一笠原ビル2階

サイレントデザイン電話070-5083-9471

サイレントデザインメール 会社Mail
silent.sakata@gmail.com

bouon@aol.com【予備】

お電話 070-5083-9471

FAX・℡ 03-3971-5539

Yahoo登録


ピアノ知識・silent design

組立式防音室
組立式防音室は、防音工事が不要で、賃貸のお部屋でも設置が可能です。

組立式防音室説明

◆ 防音室HOME



.room-size


会社Mail サイレントデザインメール

防音室セール

ショールーム地図

防音室画像



組立式防音室採用先


サイレントデザイン 防音室 ハッピーコンサルト 防音工事 ヤマハピアノ教室 声楽教室 ピアノ知識 silent design



ピアノ知識【楽器編】サイレントデザイン監修

サイレントデザイン防音室・防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

教育施設

声優レッスン室

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

吸音パネル素材

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

uranai

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

少年合唱団募集

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

今日の占い

マンションリフォーム

防音二重サッシ

E-SAX&防音室

ウィーンオペラ座

楽器と防音室サイズ

防音リフォーム知識

会社総合案内
ピアノ防音工事

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

Angel uranai

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

新宿区不用品回収

サーバーPC防音

個人会社リンク集

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

段ボールルーム

個人情報の保全

マンション騒音対策

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

ハッピーコンサルト

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

ピアノ騒音対策

音楽ホール設計

遮音性能DATA

1帖サイズ防音室

ソウルメイト占い

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

ヤマハピアノ買取

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

HP閲覧のご注意


サイレントデザイン

counter


ピアノ知識 silent design リンクサイト