ベルリーコーポレーション

ピアノ買取サポートセンター

ピアノ買取
世界には、ピアノが高額のために、弾いて楽しむことができない子供達や人々がいます。

お客様の古くなって使ってないピアノが、適切な処分方法や修理を経て綺麗に再生した後に、世界の子供達をはじめ、日本の音楽を愛する多くの人々に役立つ事が出来ます。


そして、ピアノは70%が木材から出来ている自然素材ですので、適切な処分方法で有効的に活用すれば資源としての再利用が可能です。

ピアノの適切な再生方法を考える事も、生活エコ対策の一つかもしれません。最適で有益なリサイクル方法を考えましょう。


ヤマハピアノ買取サポートセンター【相場・価格・査定・料金】無料情報

ピアノ処分の状況
ピアノ買取
実際の廃棄処分の方法は、市・県・行政側に粗大ゴミ扱いで引取ってもらえればよいのですが、ピアノは大型で重量もあり運搬引取りが大変で、様々な部品も付いていて解体も困難ため、県・市や行政側が、ピアノを粗大ゴミとして引取り扱わないケースも多いのが現状です。

この様な場合は行政側の指定してる業者等に、運搬料及び廃棄処分の費用・料金を支払っての処分になる事も多い様です。

ピアノ買取サポートセンターで有益な処分の解決お勧めします。【買取価格は無料査定】



お気軽にお問合せください。

ピアノ買取サポートセンター


会社総合受付メール
販売代理店 サイレントデザイン

 silent.sakata@gmail.com

東京都豊島区東池袋3-2

お問合せ電話

TEL 070-5083-9471

fax 03-3971-5539


カワイピアノ買取等【料金・査定・相場価格】会社情報


ピアノ買い取り


ピアノ買取に必要な情報をお知らせください。

下記の情報により、査定価格を無料でお伝えしています。

※内容によりましては、査定の出来ない場合もありますので、ご了承ください。



ピアノ買取



必要な情報【下記の情報例をメールでお知らせください。】

ピアノ買取サポートセンター

総合受付メール
販売代理店 サイレントデザイン


 silent.sakata@gmail.com



1 メーカー名【会社名】 鍵盤蓋を開けて見ます。
 
情報例・・・ヤマハピアノ  カワイピアノ  河合楽器 YAMAHA KAWAI

2 品番・タイプ・種類 【天板を開け、内部右隅に書いてます】
 情報例・・・U1 U3H 、YUX

3 製造番号 
【天板・天井屋根を開け、内部右隅に書いてます】
 
情報例・・・№123456

4 ペダルの本数
 
情報例・・・2本 3本

5 所在地・設置場所
 
情報例・・・東京都豊島区〇町〇丁目〇番

6 お名前・電話
 情報例・・・鈴木太郎 TEL123-456-789

7 設置場所・引取り方法
 情報例・・・2階 階段 エレベーター クレーン


引取り時の・階段・クレーン・エレベーターの作業の有無等をお知らせください。購入なされた時に、どのように搬入設置されたか等お知らせください。

カワイピアノ買取等【料金・査定・相場価格】会社情報


その他のピアノ買取情報

1 椅子の有無
2 ピアノ調律の状態
3 傷の状態
その他



ヤマハピアノ買取サポートセンター【料金・査定価格】無料情報

ピアノ買取・査定~お引き取りまで

◆情報の連絡を確認後に、当社提携のピアノ買取会社よりお電話やメールにて、査定価格とお支払い方法をお知らせします。

◆情報の提供は無料ですので、お気軽にお問合せください。

◆査定価格にご了解をいただきましたら、お支払いと引取り日時を決めます。

◆提携会社にて引取りの準備をして、お引き取りにお伺いします。


カワイピアノ買取サポートセンター【料金・相場・価格・査定】無料情報

サポートセンター【お問合せ】

ピアノ買取情報【査定価格・費用・料金体系】を無料でお応えしていますので、安心してメール・お電話にて、お気軽にお問合せ下さい。


ピアノ買い取り
ヤマハピアノ買取

会社
東京都豊島区東池袋3-2
TEL 03-3971-5539




お気軽にお問合せください。

ピアノ買取サポートセンター

会社総合受付メール
販売代理店 サイレントデザイン

 silent.sakata@gmail.com

東京都豊島区東池袋3-2

お問合せ電話

TEL 070-5083-9471

fax 03-3971-5539


ピアノ買取サポートセンター【相場・価格・査定・料金】無料情報


ピアノを大切に【環境整備】
ピアノ
ピアノは天然樹木の材料を主体としているために、生き物と同じで湿度・温度の影響を微妙に受ける鍵盤楽器です。

ピアノは室内の環境【湿度・温度・空調】によりタッチ(打弦感触)、音色・響きに変化が起きやすく、ピアノの設置場所としては、出来るだけ調理場・浴室・洗面所からの湿度・温度の影響を受けない所に設置しましょう。室内の温度16℃~20℃・湿度50~60%が理想的です。

設置場所としては、お部屋の温度・湿度の変化の少ない環境が適しています。又、直射日光が当たらない所で、壁や窓・サッシから離して余裕を持って置きたいものです。

素材が木材の鍵盤楽器は湿度温度に敏感に影響されるため、冬場は暖房機を近くに置いたり、楽器に直接向けないこと。部屋は徐々に適温にして行く様にして、急な温度・湿度変化をさせない様に心がけましょう。

ピアノは年に一回はピアノの調律やメンテナンスすると、いつまでも綺麗で愛着が出ますので、調律士や楽器店等に相談しましょう。



ベルリーコーポレーション

counter


ベルリーコーポレーション ピアノ買取サポートセンター&HP製作会社・サイレントデザイン

Sitemap